ちょまめポン。

~肉と共に生きる~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

睡眠事情。

今日は泣けるお話です。
皆さん、ハンカチを片手にご覧ください。

我が家には3名ほどのチワワがいますが、
当然性格はバラバラで、
各自特徴がありますよね。



ポンさんは神経質。
まこちゃんはワイルド。
ちょま氏はビビリー。

これが、
生活の中のいろんな部分に出てくるわけです。

すごく面白いのが寝る時です。
犬って寝る場所が大体決まってませんか?



特に神経質なポンさんは必ず決まっています。
わたしの右側に寄り添います。
パパさんが掴んで自分の布団に入れようとすると
唸って威嚇して拒絶します。
ただ神経質な為、
最終的には一人で敷き布団に潜ったりしているようです。



ちょま氏はパパさんにビビっている為、
必ず、100%、わたしの布団で寝ます。
パパさんにガッチリ捕まっても
いびきをかき始めた頃を見計らい、
そっと抜け出して必死にわたしの布団に入ります。



ではワイルドなまこちゃんはどうなのか?
これが非常に面白いところで、
彼には「ブーム」があるんです。
そして、その「ブーム」を
飼い主が作り上げることができるのです。

たとえば、わたしの枕だったり、
脇の下だったり、股の間だったり、
まこちゃんの中で時期によって違うブームが訪れます。

これを応用するとですね。

なんと、パパさんの布団が寝床になるのです!

わたしの元がブームになっている時でも、
毎日毎日しつこいパパさんが
まこちゃんを自分の布団に移動する作業を続けます。

すると、

「ここがホームポジションかもしれないでしゅ。」

と、数日でまこちゃんの脳に変化が起こるのです。

まさに今、まこちゃんはパパさん布団がブーム。
・・・ブーム?いえ、洗脳です。
わたしが先に布団に入っていても、
ストレッチしているパパさんをじっと待つのです。

基本どこでもいいまこちゃんのワイルドさ。
単純というかオツムが弱いというか。
そんなまこちゃんが、パパさんはかわいくて仕方がない。

徹底拒否をする2匹と違って、
一緒に寝てくれる、ましてや、
自分が寝るのを待ってくれるまこちゃんがいる。
パパさんの人生の中で、唯一の癒しなのです。

そして、パパさんはつぶやくのです。

まこちゃん、一緒に寝てくれてありがとう。
パパ、いつも一人だったんだ。


      ~完~
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。