ちょまめポン。

~肉と共に生きる~

すごくどうでもいい話。

最近の悩み。

それは、

ちょまくんが痩せすぎている
(と、飼い主が勘違いしている)

ことなのです。

最近ようやくビビリーが少し緩和しまして、
めちゃんこかわいがりを受けているちょま氏。
なついてくる時によく胴回りをさすってあげるのですが。



もうね、ガリガリ。
ウエストあるわ、背骨触れるわ、
肋骨出てるわ、もう大惨事ですよ。

でもね、病院に行くと、
適正、むしろ痩せてはいない。
とか言われちゃうわけですよ。

・・・

ま、まさか・・・

ポンちゃんが太りすぎなの?



とぼけても、隠しきれないほど太身の長男。
ウエストも背骨も肋骨もない。

ポメのような毛量と、柔らかな脂肪のハーモニー。
ふわふわで超気持ちいい。
しかも、我が家一の無臭男。
むしろ良いにおい。

本当にすごいんです。
動きも少ないので、ほぼぬいぐるみ。

ちょまくんは、
睡眠時間も少なく、とにかく活発。
そして骨太なため、
ガッチリしてるけど脂肪が少ない、アスリート体型。



ガリとデブ。
そんな2人が対決するとどうなるのか。
ちょっとのぞいてみましょう。



デブ不利。



デブ不利・・・。

重さで勝つかと思いきや、
瞬発力がゼロに近いポンさんの完敗。
うん。知ってた。

スポンサーサイト

HOME このページの一番上へ