ちょまめポン。

~肉と共に生きる~

長男の威厳。Part.2

引き続き。
ある人の生活態度問題についてです。

横柄な態度を助長しているのが、
こたつの存在ですよね。

こたつは、人を変える・・・。



ご飯・おやつ以外の用事では
まず呼んでも出てきません。

ちょまめは出てきますよ!
呼ばなくても、
わたしが席を立つだけでついてきます。

そこまでしろとは言わないが、
せめてもうちょっとわたしを気にしてほしい。
そんな淡い恋心なのです。

でも、出てきてもらうには嘘をつくしかありません。



出~~~~~~た~~~~~~

神がこの地に降り立った瞬間であります

とか、大袈裟に喜んじゃうから
なかなか態度を改めないんだろうなとは思う。
うん、わたしのせいでした。

緑星

こもってるシリーズの第2作は、
何度か紹介している〝座椅子カバーの中〟です。

こたつが出たから使わないかと思いきや、
こたつじゃちょっと暑い時に利用しているようです。
・・・使っていいとは誰も言ってませんが。



今回は、
〝おやつ〟では騙されなかったため、
〝ごはん〟というワードを使用しています。
モコモコ!っと動く我が家の座椅子。
座ってはいけない不思議な座椅子・・・。

緑星

続きまして、ノリノリ編。

彼はなにげにパパさんが大好きなので、
帰宅後などはけっこうはしゃいだりします。
(わたしにはしません、おかしいな・・・)

そんなノリノリ動画。



みどころは、勢いのあるゴロン、ですかね。
目の前で見ると笑えます。
運動量の少ない動きにだけは全力を注ぐ男。

本人、ブログに載りたいのかなんなのか、
ちょまめと比べて圧倒的に
ネタ画像が多いんですよねぇ・・・。

やっぱりどこか、
犬としておかしいのでしょう
スポンサーサイト

長男の威厳。Part.1



永遠のライバル、
ス〝ポン〟サーの登場を封じる男。

※ブログ更新を1ヶ月怠ると、
 トップに広告が出てしまいます。

最近、
ポンさんの態度がますます大きくなってるんですよね。

フローリングに立つだけで目が輝くし、
人がご飯食べてるだけでカシカシ・・・。
何をしても許されると思っている

確かにね、本当に困ることは一切しないし、
ダントツで賢い子ではあるのですが。

それにしても、
俺が1番かわいがられている。
という態度をここまで出す犬がいるでしょうか。



これは、会社から帰宅後のわたし目線。

ちょまめが駆けずりまわって歓迎する中、

「お前、どうせゴロンが1番好きなんだろ?」

という上から目線で転がるポン氏。
弟との格の違いを見せつけているかのよう。
見た目1番情けないんですけどー

緑星

パパさんが有給でお休みだったある日のこと。

わたしが会社から、
「みんな、ママさんいなくてさみしがってない?」
とメールしたところ、



全然さみしがってない写真がついてきました。
ベッドを完璧に使いこなす男。
どうりで帰るとホカホカしてるわけよね。

緑星

掃除中のとある週末のこと。

掃除機はパパさんに担当させてるんですが、
まずは部屋のソファや犬ベッドをどかすところから。
フローリングエリアによけられた、
数々の家具の中に・・・



大御所発見。

パ「何度言ってもどかないからそのまま移動した」

けっこういろいろ乗せられてるのに・・・
さすがです・・・

ポンさんの横柄な態度エピソード。
書ききれないので続く。

HOME このページの一番上へ