ちょまめポン。

~肉と共に生きる~

触ってもいいですか?

ネットで、超納得の画像をみつけました。

「猫や犬がさわると喜ぶ場所・喜ばない場所」

にゃん2

猫は飼ったことないけど、これはわかるなぁ。
なれた野良猫でも、
お腹をさわろうとするとシャー!とされます。

あのモフモフのお腹が触りたいのに!!

大好きなのに飼ったことがないので、
どのように触ったらいいかけっこうビクビクします。
すぐ、シャーされるので。

一方、

わん

これこれ!
超納得!!
納得と同時になんかウケた。

犬は、どこを触られてもウットリします。
お腹を触ろうもんなら、
わざわざ足をパカっと開いて
触りやすくしてくれます。
どうにでもして!という表情で。

ちょまくんは、非常にビビリーで、
パパさんがニガテですが
わたしにはめっちゃ気を許している子。



こんな風にお腹をもふもふして大丈夫・・・
って奥になんか写ってるぅぅぅ。



だらしない寝相・・・・・。
このあとちゃんと触ってあげました。
足パッカンしてました
スポンサーサイト

美犬と雷。



前回、
だらしのない写真ばかり載せてしまったので、
今日はかわいい写真を載せたいと思います。

ちょまくんが写ってないのが残念ですが。



実家のソファーでくつろぐチワワ。

まこちゃんは絵になるねぇ…。
ちょっとふっくら餅だけど…。

気品が漂っていると思いませんか?
実物は、
常によだれまみれの黒豚さんです

ここに、おじさんも追加。



思ったより美しい…。
ちょっとデレ顔だけど、
2人ともけっこうチワワ界じゃイケてるんじゃ?

とっても仲良しの2人は、



そのまま寝てしまいましたとさ。

緑星

昨晩は、予報どおり雷がすごかったですね。
ここ最近で1番ひどかったんじゃないでしょうか。

我が家でも、
まこちゃんによる注意報が発されまして、
非常に落ち着かない夜となりました。

★まこちゃん警報★



雷を全身で警戒するまめ太と、
テーブルのコンビニご飯しか見ていないポン太。
またしても写ってないちょま太は普通でした。

昔はまこちゃん震えていたのに、
今は雷と他の犬だけは許せないという、
体を張って家族を守るチワワに成長いたしました。

それと比べてポンちゃん・・・

だらしない特集。

1週間ほど、夏季休暇でした。

しかしいつもどおり、
実家以外はどこにも出かけておりません。
暑いですし、
日頃の疲れをこれでもかってくらいとりました。

夏の思い出を振り返ろうとiPhoneを開きますと、
海だの花火だのそんな写真はいっさいないわけです。

ただただ、ひたすらだらしのない、
いつもどおりのポン太の写真ばかりでした

では、どうぞ

★ポン太を探せ!★



みつかりましたか?



太ってる自覚がないのかなんなのか。

愛犬がわずかな隙間に挟まって、
出てこなくなった夏の思い出。

★犬も夏休み★

連日家にいると、
ボーイズに危機感が感じられません。
仕事に行かないという安心感からなのか、
飼い主が起きても興味がなさそうです。



え?なに?
どうせ夏休みっしょ?
ご飯の用意できてから呼べよな。



★ゴミ??★



突然、
お腹丸出しで転がってるからビビる。

彼の得意技は、
エアコンが1番当たる位置を陣取ることです。

★車でも楽したい★

おとなしい彼は、いつでも運転席。
落ち着いて運転できる、
とパパさんのお気に入りでもあるわけですが、
ただひとつ問題点があるのです。

それは、



アゴのっけ。
彼はアゴを乗っけるのが大好きです。
アゴを乗せると、生きているのが楽だからです。

運転中でも関係なく、
パパさんの腕にアゴを乗せようとします。

あまりにひどいので、動画でどうぞ。



何度腕をはずしても、
必ずアゴ、腕にアゴ、
とにもかくにもアゴを乗せる。



そんな夏のポン太でした。

これって普通?

ポンポンポポーン
ほんの少しだけ~
肉のついた~チワワ~
少しだけなのよ~♪

と歌いながらポン氏のお腹をモフモフしていたら、
隣の部屋からも
「ほんの少しだけね~♪」
と、きこえてきました。

ポン氏の明らかな体重オーバーを
なかったことにしようとしている我が家です。



犬も人の歌声でテンション上がる気がするんです。
さすがに歌詞内容は理解してないでしょうが。
他の家庭も歌うものなんですかねぇ?

★わんこの飼い主さんにきいてみたいことトップ3★

①盛り上げるために歌は歌うのか
②たくさんあだ名ができてしまうのか
③一人二役をやるのか

③は、たとえばポン太と話す時、
わたしは、わたし役とポン太役をやります。
つまり、一人で会話してます。
こわいですね。

HOME このページの一番上へ