ちょまめポン。

~肉と共に生きる~

快適化計画。

キッチンとベランダの改造を計画しています。

母に週末に足を運んでもらって、

「料理のしやすいキッチン」

と、

「高所恐怖症のわたしでもこわくない、
 犬たちもひなたぼっこができる、
 サボテンにも良い環境のベランダ」

これを目指しております。



決して、肉を焼いているわけではありません。
ひなたぼっこをしているポン太です。

室内はあまり日当たりがよくありません。
ベランダはポッカポカなので、
柵を下が見えないよう安全に囲い、
ポンちゃんたちとひなたぼっこがしたいです。



母さんが来るたびに、
なんだか幸せそうなポン太であった。

★おまけ★



マンションに住みついている、
とてもなつっこいニャン太郎くん(仮名)
スポンサーサイト

黒ハトとにゃんこ。



①ありえない位置で、
わたしのプレイを邪魔するまめ太。

でもね、壮絶にかわいいでしょう?
これは許しちゃうよなぁ。

そして、このあとわたしがどくと、



②置いていかれたまめ太は、
わたしがいた場所を占領して待機しているのです
しかも、ハトになりきって動くつもりもない。

「ま、まこちゃんどいてよ」

と言ってどけると、
①に戻ってエンドレスリピート

緑星

マンションに住みついている3匹の猫と、
駅までの道中にいる黒猫軍団。

実はこれ以外にも、
素晴らしいにゃんこネットワークがありまして。

わたしが最近イチオシの子がこちら!!



夜に撮影したので見づらいのですが、
非常に肥えたグレーのにゃんこです。
よく、黒猫軍団の中に紛れております。

ブリティッシュショートヘアが飼いたいわたし。
この子はシッポが短いのでミックスかもしれませんが、
色がブリティッシュやロシアンと同じで、
なによりとても肥えていらっしゃる!



すごくなつっこくて、
声をかけると走ってきてスリスリ。

ごめんね、バイバイ。
といって歩き出すと、



遮るように前に出てきて
ポンちゃんのように勢いのあるゴロン!
猛烈アピールタイムであります。

歩き出すたびに同じことを繰り返し、
最終的には小走りしないと引き離せない有様。



なんなの;;
かわいすぎでしょキミ;;;;

犬を飼うようになってから、
むやみやたらと猫に触れないわたしですが、
あまりのかわいさに号泣しながらなでましたとさ。

猫はイイ。

動物はみんな最高だ

ちゃんぴおん。

こないだ、
元同僚の友達が遊びに来てくれまして、
その時にこんなことを言われました。

「ちょまめぽん」で検索をすると、
もしかしてチャンピオン?って出るんです!

と。

えーなにそれちょっとウケるー。
と思って検索してみたら、



ホントだ(笑)

ちょまめぽんで合ってるのに、
もしかして、とか言われるとちょっと切ない。

そんな彼女が遊びに来てくれた日も、





相変わらず、
客人の膝でくつろぎボーイズ。

しかし最近お客さんがいろいろ来てくれて、
やっぱりなと確信したことがあります。

それは・・・



ちょまくんは男の人がニガテー

女の人なら、
ある程度時間が経つと触らせてくれます。

男の人は・・・拒否

そりゃそうだよねぇ。
飼い主の動きにもいちいちビビる子なので。



黒まめ兄ちゃんしか、
心を許していないようです

朝のポまっちょ家。

引越し前は、
朝も夜もぽまっちょのご飯はわたし担当でした。

引越し後は、
諸事情により朝だけはパパさんが担当に。

★平日の基本的な朝の流れ★

①わたし起床。
 3匹がわたしの布団から飛び出す。

②わたしリビングへ移動。
 ちょまめついてくる。
 ポがつく人は、パパさんの布団へ移動する。

③わたしが身支度を整えている間に、パパさん起床。
 パパさんリビングへ移動。
 ポがつく人もノリノリでフローリングへ。

④パパさんがフローリングに立つやいなや、
 ポがつく人がステップを踏みはじめる。




一緒に起きてきてくれる優しい?コンビ。
命名・ケナゲーズ。

一方、朝ご飯はパパさん担当と理解しているため、
朝のわたしにはまったく興味を示さないポン太。

朝まで同じ布団で寝た仲なのに、
起きた途端簡単に裏切るポン太。

しかし今朝、
イレギュラーな事態が起こりました。

パパさんが起きてすぐ、
腹痛でトイレに駆け込んだのです!

その時の写真が



ご飯担当者のまさかの失踪により、
トイレ出口で呆然と待つポン太。

わたしをシカトするだけならまだしも、
トイレの出待ちするってどんだけ!!!!

よく、食べないチワワってききますが、
我が家のチワワは朝から食欲旺盛なのであった。

猫とサボテンと縦飛びくん。

先日、ジェネレーションなんとかって番組見てたら、
年代別ペットの流行、みたいのやってました。

猫で言うと、
60代が三毛猫、40代がアメショー、
そして20代は・・・

というところで、
「スコだーっ!!!」
と、2人で口を揃えて叫んでしまいました。
正解だったわけですが。

まぁ20代じゃないんですけど、
番組見てたら20代が1番共感できましたね。

そんな我が家の周辺は猫だらけ。
駅までの道でよく黒猫の双子を見るんですが、



3匹に増えてた

キレイに並んでるもんで、
大興奮で写真を撮ったんですが、
よーく、よーく見たら、
左端にもう1匹いるじゃん!

4つ子だったのかぁ

緑星

先日ビバホームに行った時に、
園芸コーナーも見て回りました。

ガーデニングが趣味の兄に
「水をあげなくてもお世話をしなくても
 育てられる植物はない?」
ときいたところ、

そんなものはないし、
あったとしても何が楽しいんだそれ。

と言われました。
た、たしかに・・・。
そばできいていた店員も失笑。

そこで、



前から興味のあったサボテンを購入!
実は某ブログさんの影響で、
サボテンってかわいいなぁと思っていたのです。

ハナサボテンってかいてある。
なんせまったく知識がないので
ネットでよーく調べて丁寧に育ててみます

★おまけ★

兄への絡み方といい、
おもちゃの遊び方といい、
早朝の徘徊といい、
とにかく動きがいちいち激しいちょまくん。

おもちゃ遊び動画を撮ったので、
脚力のすごさに注目してご覧ください。



とびすぎー(笑)

神様、その後。

そうそう。
こないだは節分でした。

今年は気づいたのが遅く、
豆が売り切れで豆まきはできず…。

でも、会社のお弁当に豆がついてたので、
オポ様に奉納しようと持ち帰ってきました。

今年のオポ様の節分



相変わらず、丁寧に皮を残すポン太です。
丸飲みしないでしっかり噛んでますしね。
犬っぽくないよなぁ・・・。

緑星

最近、ホントにホントに、
大袈裟じゃなく、
フローリングの神様になっているポン太。

わたしは当初からその異変に気づいていたのですが、
最近パパさんも、
「ポンちゃん、いつもフローリングにいるね…」
と、あきれるくらいのフローリング率なのです。

肉球が冷え冷えなのに
ずぅっとフローリングから見つめてきて、
いざフローリングに足を踏み入れると
激しくステップを踏んで誘ってくるのです!

あまりにもひどいので動画撮りました。



やたら軽快な極太バディ。
完全に何かもらえると勘違いしている。

以前から、
おやつの予感がするとステップを踏んでいました。
今では、
フローリングに行くだけでこの有様です

普段のだらしない彼↓



極端すぎるんだよー

ビバホーム!

先日、母から電話がありまして、
兄と三郷に買い物に行くから一緒に来ないかと。
犬も連れてっていいよと言うので、
ノリノリでOKしたわけですが。

ネットで調べてみたら、
おそらくららぽーとのことだなと思ったんです。

わんこ連れ(しかも3匹)は非常に労力が必要なので、
お店も入れないし、迷惑かけるなぁと、
自主的にボーイズはお留守番に決めたのです。

そして兄のお迎えの車に乗り込み、
ららぽーとじゃ犬キツイから置いてきたと伝えたところ、

お前何言ってんの?
ホームセンターだから余裕だぞ。

と言われまして。

そうか!
三郷にはららぽーとだけじゃなく
ホームセンターもあるのか!

急遽自宅に戻り、
ぽまっちょを捕まえて連行いたしました。

というわけで、



スーパービバホーム!

with.



緑星

楽しいよねぇ、ホームセンター。

ここ、めっちゃ犬連れ多かったです。
すごく広くて、人が多いはずなのに
全然不快感がない。

元々ホームセンターのまったくない地域に住んでいたので、
やっぱり地元寄りはいいなぁ。
良い意味で田舎で、
大きいホームセンターがわりと近いんだな。



カートはもちろん、
カート用のペットシーツまで完備。
すごい・・・。

※大きいホームセンター経験がないため、
 無駄に感動が続きます。



カートごとのぼれる、
でかいスロープに感動・・・。



犬猫はもちろん、
熱帯魚や小動物もいました。
入ってはないけど、ドッグランまであるなんて!

店内は動物好きな人が多いようで、
たーくさん声をかけてもらったぽまっちょ。

しかし、怪獣2匹が吠えまくるため、
人好きポン太の出る幕もなく
多頭飼いってむずかしいなぁ。



けっこう寒かったので、
外でひなたぼっこさせながらの買い物。

なぜかポン太の元気がなく、
肉布団があるにも関わらず震えていた。
(ちょまめは吠えまくりで元気)

なので、



母さんが、
現地で買った毛布をかぶせてくれた。





相変わらずVIPだな、君は・・・。

緑星

帰りはクタクタで、



母さんに抱かれて爆睡のまめ太と、



後部座席の上に乗るちょま太
引越し移動の時も乗ってたよな・・・。

この後、
引越し後初のぽまっちょ美容院もありまして、
ハードな1日でした。


近所の美容院〝WANBO〟にて。

新しい美容院もステキなお店だったね!
1日ご苦労様でした。

もれなくついてきます。

わたしは髪が長いので、
毎日ドライヤーに時間がかかるんですが。

我が家のドライヤーには
オプションサービスがございまして、



なんと、まみこがついてきます。
申し込み不要で、
じっと見つめてもらえます。

ものすごいプレッシャーを感じつつ
無視してドライヤーを続けると、



そのうち寝はじめます。

命名:ひらべった餅くん

寝るなら部屋に戻ればいいのに
潰れた餅のようにべったり床に伏せ、
髪が乾ききるまで待っていてくれます。

またひらべった餅くんがいるー!
と騒いでいたら、
それバスマットでしょ?
汚れてだいぶ黒くなったね。
と、パパさんが言ってました。

そうか。
バスマットなのかこれは。



けなげー

2回目。

昨日、先日ポン太と和解した幼馴染から、
一緒に帰ろうよとメールが。

会社が、わたしは品川、彼女は恵比寿。
そりゃ帰る方角は一緒だけども
中学生かよ!と思ってしまいました。
(中学の頃、毎朝一緒に通学してました)

しかし・・・



なんでまた家に上がりこんでるの?
そんでなんでポン太もなじんでるの?

山手線内で話し足りなかった彼女は、
そのまま家までついてきたわけですが、
犬ってやっぱり賢いですね。

前回はさんざん吠えて出迎えたのに、
今回はすぐに落ち着きました。
またお前かー!と思ったんでしょうね。



他人にはマイペースなまこちゃんもまったり。

お客さんのお出迎えパターンは、

ポン太  → 常時膝。なでろや要求。
まめ太  → 膝に乗ったり徘徊したりマイペース。
ちょま太 → 逃げまくり。まず寄ってこない。

なので、ポンさんは
ほぼ100%のお客様に満足していただける
商品となっております・・・。

が。

さすがポンさんと不仲だった彼女。

なでろやとカシカシしてくるポン太に対して、

「もうやだ~ポンちゃんうざい!」

と言い出しました(笑)

確かにうざいんです。
でもこのうざさがウリなのに、
本気で面倒くさそうな人ははじめて見ました。

前回から言ってたんですが、
「わたしはちょまちゃんが1番好き!」
と、前例のない発言を繰り返しておりまして、
不思議とビビリーちょま太もまんざらではない様子。



執拗にちょま太をなでまくる彼女を
遠い目でみつめるポンさん・・・。
すごいかわいそう(笑)

やっとちょまくんにも、春が来た…!?

ポンさんには悪いけど、
ちょまくん好きが現れて、
わたしとしてはちょっぴり嬉しい

フローリングの神様。

フローリングには~

それはぁ~それはキレイな~

オポ様が~いる~んやで~♪

と歌っていたら、
キレイではないけどね、と
パパさんの突っ込みが入りました。



歌いたくなるくらい、頻繁にいる。
朝もきっちり起きてきて、
洗面に行くだけでついてくるんですよ。

疲れる、暑い、寒い、など、
辛い場所をひたすら避けて生きてきたポン太。
冬場のフローリングにわざわざ来るとは
やはりあの事件の影響なんですかねぇ。

もちろん、
ポンさんがストーカー化したとはいえ、
元祖ストーカーも現役です。



なーんかいつも視界にいるなぁ…。
このゲーム、
まこちゃんクエスト、だったっけ…?

わたしの膝の上にいるか、股にはさまっているか。
常にどちらかの状態のまこちゃんが、
やっぱりストーカーキング、かな

HOME このページの一番上へ