ちょまめポン。

~肉と共に生きる~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒い悪魔。

今回は、まこちゃん特集です。

「最近のまこちゃんは本当にひどい」
と、パパさんも頭を抱えている、
まこちゃん、ママさんにぴったんこ問題。

20180402000733d1c.jpeg

うちに来た日から
わたしにべったりな節はありましたが。
シンプルに、邪魔。と感じるようになったのは
ここ数か月でしょうか。

こたつでくつろいでいれば、

20180410082759b3f.jpeg

乗せろでしゅ。
と、膝を要求。
これがずっとパンチしてくるから
本当にウザかわいい。

すでに先客がいる場合、

20180410082803a38.jpeg

不満げな顔。
からの~

2018041008280527e.jpeg

パンチ。
無意味なパンチ。
からの~

20180410082806074.jpeg

力技。
結果、乗ってしまって、
神経質なポンちゃんがどいてしまうパターン。


・・・ここでクイズです。

これは、わたしが布団で昼寝している時の
右脇付近の画像ですが、

20180410082814887.jpeg

なぜ、ポンちゃんのケツがはみ出ているのでしょう?

そうです、正解は、

201804100828127f4.jpeg

中にまこちゃんが陣取っているからでしたー。
そろそろ気が狂いそうですよわたし。
スポンサーサイト

M氏。

【まこ-ちゃん】
家族への愛情が止まらない黒い生き物。
他人に厳しいように見えて、
数分一緒にいれば家族認定してくれるゆるい男。
あっち!と指をさすと、
さした方向に目もくれず指先のにおいを嗅ぐ。

20170905202600094.jpg

と、どこかの辞書に載っているのかいないのか。

緑星

P氏のように自分の損得を考えたり、
体力を温存する等の賢さはないまこちゃん。
とにかく従順に、どこまでもついてきます。

20170905204308e4c.jpg

わたしが寝る前からすでに待機。

20170905202835daa.jpg

2017090520260968d.jpg

201709052026070ab.jpg


わたしの枕占領画像が
iPhoneの容量をどんどん圧迫する。

寝てる間も乗ってきているらしく、
うなされることが多々…。
と思ってたら
パパさんがその異常な光景を撮影していました。

2017090521580907f.png

20170905215808801.png

無意識にまこちゃんに枕を譲っている。
寝起きの肩凝りの原因が判明。
親心ですね。

座椅子でくつろいでいても

20170905202601887.jpg

なんか見られてる。
彼らもくつろげるように布団を置いても、

2017090520260291e.jpg

利用するのは噂のP氏のみ。
P氏はわたしに興味がないのか?

座椅子からトイレに立つと、

201709052026032a9.jpg

ドアの外に待機。
トイレについてこないこともありますが、

20170905202604dd5.jpg

その場合は座椅子で待機。
ここに確実に戻ってきましゅから。
ストーカーから説得力のあるアドバイス。

毎日守ってくれてありがとう、まこちゃん。

家族愛。

先日、衝撃的なニュースがありました。

「猫が猛犬に体当たり、飼い主の子供を救う」

アメリカのニュースですが、
近所の飼い犬(放し飼い?)が、
子供を襲ったところを猫が撃退したらしいです。

動画を見るまでは、すごいなぁ、程度だったんですが、
防犯カメラが捕えた映像を見た瞬間に震撼しました。。。
その後、感動感動感動会社で泣くかと思ったよなにこれ。

※最後に傷口の画像が出ますので注意。



確実に子供を狙いにいっている犬。こわすぎ。
果敢に体当たりしたあとも、
犬の撤退まで警戒を続け、
直後に子供のところに踵を返してますね。

泣いた、本当に泣いた。。。

思ったより犬が本気だったのと、
思ったより猫が本当に子供を守ろうとしているのが
伝わってくる映像でした。

タラちゃん、という猫らしいですが、
タラは僕のヒーローだ、と少年は語ってるらしいです。

いやー、本人(本ネコ?)にケガがなくてよかった。
猫は飼ったことがないんですが、
こういう家族を守る行動ってするんですね!
とりあえず、犬にリードなしなんてNGですよ。

これを見てすぐに思ったのがまこちゃん。
まこちゃんはすぐ家族を守ろうと前に出るので、
以前の骨折もこれが原因です)
いつか大ケガをするんじゃないかと心配です。

とりあえず、
まこちゃんすごかったね!!!
とほめてあげました。

まめ太劇場。



どうも。
まこちゃんです。

久しぶりにシャンプーをしたら
ふわふわでまんまるになってしまい、
まりもちゃんと呼んでいます。



トイレにまでついてくるまこちゃん。
とにかく、常にまこちゃんの視界にいなければならない。
我が家の暗黙のルールであります。



パソコンのうしろからこんにちわ。
まこちゃんです。

「はいはい、ママさん確認しましゅた。
 ずっと見てましゅからね。」



腕の中からこんばんわ。
まこちゃんです。
うつぶせのわたしの腕の下で納得している模様。

「はいはい、確認とれましゅた。
 この重みは間違いなくママさんでしゅ。」

・・・

あまりにしつこくて怒られても、
日本語が通じずに5秒後に同じことを繰り返す。

ポジティブでステキボーイなまこちゃんでした

まめ太、5歳になる。

クリスマスも終わって冬休み突入。
そして、あれはそう、大みそかのこと。

パパさんがふいに、
雷にうたれたような顔をして、

「まこちゃん、おめでとう!!」

と言い出しました。

そして、うなだれる2人。
また今年も、まこちゃんの誕生日を忘れていたのです。

コタスケさんの方が確実に覚えてるっていう(笑)

そしてその夜、
冷蔵庫を開けると
ペットショップの袋に包まれた謎の物体が。

パパさんがまこちゃんにケーキを買ってきたんだ!
直感でそう思いましたね。
ありがとう!とお礼を言うと、
当たり前じゃないか、という立派な父親の表情。
なかなかやるじゃないの。

さあ!
おめでとう、まこちゃん

いざ開封・・・!



えっ。

メリークリスマス・・・・・・・・・

えっ・・・・・・・・・・・・・・・・・・?

パパ
「クリスマスケーキしかなかったんだ…」


さっきまでの威勢はどこに・・・。
まさかの大みそかにクリスマスケーキ登場。
ただの売れ残りじゃないの。

ま、まぁ犬にはそんなことわからないよね。



わかってるような微妙な表情をするまめ太。
これじゃない。という顔をしている。

兄弟にもおすそわけ、ということで、



レディー・・・



ゴー

みなさん、
美味しそうにガツガツいってたんですが、
徐々に異変が起きはじめます。

フードを食べるのが異常に遅い子のこと、
覚えていらっしゃいますでしょうか?
あの子は、
フード以外の美味しい物を食べるのだけは早いんです。

この記事参照。



あっ。

こらっ。

まさかの、主役の皿に移動。

やめなさいー!!



止めに入るも一向にやめない。
仕方なく、空のポン太の皿に移動する主役。
主役よりケーキを堪能する兄。

それだからコンビーフって呼ばれるのよ・・・

HOME このページの一番上へ 次のページへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。