ちょまめポン。

~肉と共に生きる~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょまくんと、小さな友達。

そんなこんなで、
あたたか~い目で見守られ続けているちょまくん。
そんなちょまくんの少し前のお話になります。

冬頃のことでしょうか。
あることに気づきました。
ちょまくん、頻繁にデグーのケージにいます。



元々イタズラっ子なので、
デグーのチモシー(草)を食べようと
ケージまわりをウロウロすることはありました。
チモシーを引っ張り出しては
部屋中に散らかすという。。。

しかし、ふと気づいた頃から
ケージに鼻をくっつけて
デグー自体をみつめているのです。

うちのデグーさん。
記事にはしていませんが
今年の春前には残り2匹になっており。
その2匹もかなり歳なものですから
動きも緩慢で警戒心も衰え、
ちょまくんが寄って行くと
フンフンと穏やかに近づいてくるんですね。

それがちょまくんはそうとうお気に入りなようで、
頻繁にデグーのケージで見かけるようになりました。
フンフンし合う、犬とデグー。

しかしながら、
何度もデグーを看取ったわたしとしては、
すでに彼らの寿命が近いことはわかっていました。
1匹が先にお星さまになってしまい、
集団生活を好むデグーとしては
辛い辛い最後の1匹生活がはじまりました。

最後の子も、もうヨタヨタで、
長くないことはすぐわかりましたが、
ちょまくんにはそんなことわかりません。
変わらず毎日の挨拶をしに行くのです。



この時はまだケージをのぼってましたが、
日に日にジャンプもできなくなり、
ある日、とうとう動けなくなっていました。

ベタ慣れのデグーというわけではなかったんですが、
歳をとったのと相方を亡くしたのとで、
声をかけるだけで寄ってくるくらいなついていたので
とても悲しい気持ちになりました。



横たわるでぐちゃんをみつめるちょま氏。

これはもう歩けないな・・・。
今日明日の命だ・・・。
そう思ったわたしは、
ケージの扉を開放しました。



いつもは網越しのご対面が、
より顔を近づけることができて大喜びのちょまくん。
しかし、でぐちゃんは、もう歩くことができません。

ちょまくんはそれを察したのか、
喜ぶというよりは
不思議そうにじっと見つめ続けていました。



本当にずっと、ずっと、
ずーっとケージに顔つっこんでました。
吠えず暴れず、
こんなにおとなしいちょまくん見たことない。
というくらい、ただ見つめてました。

ちなみに、ポンまめは興味ゼロで、
飼い主がケージを囲って座り込んでも
特にデグー自体に興味もなく、
明らかにちょまくんだけが
デグーに特別な感情を持っているようでした。

この翌日、最後のでぐちゃん、天国へ。
からっぽのケージをいつもどおりフンフンする、
その姿から気持ちを想像するしかできませんが。
さみしかったことでしょう。

犬とね。
会話できたらね。

「どうして片付けるの?」

とか、
ちょまくんの声をきけたかもしれませんが。

もういないんだよ、と声をかけて
大きなデグー用のケージは撤去しました。

荒っぽいちょまくんの、穏やかな一面。
これにわたしたち夫婦は胸をうたれまして、
ちょまくんは弟分がほしいのかもしれないね。
と、真剣に新たなペットの購入を考えました。

しかしまぁ、新しい命を預かるということは
かなりの決意を要するものでありまして。
今でも保留中であります。

でぐちゃんはほぼポンちゃんと同い年なので、
8年という長い時間を生きてくれました。
いつかまた会えるその日まで。
ケージはとっておこうと思います。
スポンサーサイト

ちょまくんと家族の物語。

「ちょま太」のカテゴリーを使うなんて
何年ぶりのことでしょうか。

実はですね。
ここ数か月、いや半年以上。
「ちょまくん、褒めて伸ばそうキャンペーン」
を実施しておりまして。

彼は、数年に渡る悪ガキっぷりで、
わたしたちを悩ませ続けてきましたが、
怒るとビビるの繰り返しで
状況が好転することはありませんでした。

とはいえ、
わたしのことは大好きで、
毎朝のおはよう、お風呂上りのおかえり、も
一番に言いにくるのは彼なのです。





ビビリーな気質はもはや治らない、
と判断したわたしは、
彼には怒ることは逆効果であり、
むしろ褒めたら学習するのではないか?
と考えて、
このキャンペーン開催を宣言したのです。

・イタズラに対してしつこく怒らない
・パパさんはしつこく構いすぎない
・呼んで来ただけでもとにかく褒める
etc..
.
ビビリー体質の彼と、
しつこい性格のパパさんは相性が最悪です。
ただでさえビビられて嫌われているのに、
しつこく絡みまくるパパさん。
最悪です。

ちょまくんが良い子になることと、
この2人の関係が良好になること。
これを目標に現在も続いています。
すでに驚く効果が出ていて、

粗相が減った(そうでもなかった)
・ガウガウしなくなった
・前より甘えてくるようになった

などなど、
些細な点で変化を感じています。





そもそもね。
たびたびこういったチャレンジはしてたんですけど、
効果が薄かった経験はありまして、
今回成功しているのは
彼も大人になったという部分があるかもしれないです。
あとは、
今回はパパさんもきちんとルールを守っている。
・・・お前が原因か?

ちょまくんがイタズラをするのも理由があって
飼い主がそこは汲み取らないといけない。
それが上手にできなかったわたしは、
常に罪悪感というか十字架を背負うというか、
なんとも大きな責任を感じておりました。

良い子になるにつれて
無意識に褒めたりかわいがる機会が増え、
ちょまくんも超ご機嫌です。

末っ子で一番の下っ端だから、とか、
弟がいればまた違っただろう、とか
思うことは経験上たくさんありますが、
きっと人間の子と一緒なんでしょうねー。



・・・という、
ちょまくんとの日々を書き連ねた上で、
次回へ続く。

和解?

「ママさん見てー!」

と呼ばれて振り返ったところ、



・・・ん?
よくわからない。

「ちょまくんがゲームしてるよー」

え?そうなの?

拡大してみましょう。



おお。
ゲームしてる。
っていうかさせてる。

ちょま氏はパパさんがニガテなので、
逆らうとまた怒られると思って従ってる様子。
それをなついてくれたと勘違いしているパパさん。

意外といいコンビなんじゃないでしょうか。

背中マン。

最近写真不足なので、
くだらない写真を載せます。

わたしがいつも寝室でゲームをしていると、
誰かしらが背中に乗っています。
なんせいつものことなので
わたくし気づいていないことが多いです。
慣れってこわい。



ほとんどちょまくんであることが多く、
なんともその光景が面白いらしく
何枚も隠し撮りされています。
みっともない写真ですが。

腰が痛くて変な体勢になっても、



意地でも乗る男。
どーしてもわたしの上が落ち着くらしく、
さらに高い場所が好きな彼にとっては
最高の場所なのかもしれません。



また今夜も乗るんだろうなぁ。

ちょまちょま。

どうにもこうにも、
高いところが好きなちょまくん。

低い本棚の上に毛布を置いておいただけで、



一瞬にして、ちょま太の聖域となるのである。

ふと気づくとあちこちに乗っていて、
それを見た瞬間、

「かわいい~~!!」

となってしまうのです。

個性ってのは素晴らしいですよね。
彼の場合、縦飛びですが。

それが悪いことであっても、
個性ある行動を見た瞬間に嬉しくなる親心。



相変わらず般若のような顔してますが、
中身はひじょーーーに子供であります。

おもらしがなくなれば、
だいぶ愛されボーイになると思うんだけどなぁ。



おもらし、いたずら、兄への絡み方etc...
いまだに教育が未完成なちょまくん。
君がいるおかげで、
わたしはまだまだ気が抜けませーん

HOME このページの一番上へ 次のページへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。